ちかっぱアニメLife

ちかっぱアニメライフ

『ちかっぱ』は、『とっても』って意味の方言です。

【エロマンガ先生】5話 和泉紗霧のかわいいシーンを振り返る。

f:id:rabbithutch11:20170516142818p:image

※基本的にネタバレ前提の記事なのでご注意ください!

 

では、早速。

 

前回記事はこちら↓↓

tikappa-anime-life.hatenablog.jp

 

 

5話のあらすじを簡単に

 

5話のサブタイトルは、『妹とラノベ企画を創ろう』です。

そう書かれるとあまり違和感ないですが、実際には『妹と妹もののラノベ企画を創ろう』ですよね。笑

まったく、恐ろしい兄です。

今回の要点はこんな感じでした!

  1. 紗霧と企画書作りを開始
  2. エルフと紗霧の初対面
  3. 紗霧、ロリしか描けなくなる

あまり目立った進展はありませんでしたが、とてもテンポが良くてあっという間の30分だったという印象です。

 

もはや何をしていてもカワイイ紗霧

であるにも関わらず、もはや何をしていてもカワイイ紗霧。

その中でも、特に印象に残ったチラ見せ満載のシーンを振り返っていきましょう!

 

ラブレターに赤面

兄の次回作(紗霧への熱烈なラブレター)をニヤニヤしながら読む紗霧。

f:id:rabbithutch11:20170516142354p:image

毎回毎回、『本当に引きこもりか!?』と言いたくなるほどの表情豊かさですね!

 

ミニのワンピ?に生着替え

朝食を運んできたマサムネは『大事な話があるんだ』と、紗霧に言います。

その言葉に紗霧は、『準備してくるから』と言い残し、一旦扉を閉めました。

準備...???

f:id:rabbithutch11:20170516142412p:image

何故着替えるー!?笑

みんなが見たい部分は残念ながら公開されませんでしたが、それはもう至高の生着替えシーンでしたね(笑)

f:id:rabbithutch11:20170516142446p:image

超ミニのワンピ?短いインナー?どちらかよくわかりませんでしたが、非常に丈の短いセクシーな装いで再登場します。

f:id:rabbithutch11:20170516142428p:image

それにしてもこの兄弟、見事なまでに嚙み合いませんねー。笑

ハッキリは言わないものの凄く大胆な妹。

ハッキリ言っているのに変な勘違いをした上に鈍感すぎる兄。

 

お絵かきタイム

マサムネの言う『大事な話』が、自分の望むものじゃなかったことにご立腹の紗霧。

f:id:rabbithutch11:20170516142512p:image

マサムネの言いたかった大事な話は、『企画書を一緒に創って欲しい』という内容でしたね。

そして、具体的に何をすればいいの?という紗霧の問いに対して...。

エッチな妹のイラストを描いてくれ!

f:id:rabbithutch11:20170516142527p:image

当然怒られました。

紗霧は兄のことが大好きなくせにエッチなことに関してはやたらと敏感に反応しますよね。

そんなこんなで、なんだかんだ言いながらもリクエストされたエッチな妹のお絵かきを開始します。

そこでこのアニメ恒例のローアングラー登場です。笑

f:id:rabbithutch11:20170516142543p:image

んー。

こんなに胸元開いてましたっけ?笑

そして、下着はつけていないことが発覚しましたね!

f:id:rabbithutch11:20170516142558p:image

んー。

こんなに丈長かったですかね?笑

テレビ的に都合の良いように洋服の形状が変化した感が否めませんが、それはともかく、紗霧の部屋の床には『下から撮る』を貫いている変態カメラマンが常駐していますよね。笑

まったく、ありがたいことです!

 

エロマンガ先生とエルフの初対面

編集部が押し掛けてきたので、和泉家にかくまってもらっているエルフ。

そこでついに2人の顔合わせの時が来ましたね。

 

とは言え、画面越し

エロマンガ先生に会いたいと言い出したエルフ。

ついに初対面なんですが...。

f:id:rabbithutch11:20170516142633p:image

やはりモニター越しでしたね!

そして紗霧は開口一番とんでもないことを口走ります(笑)

ヤベ―!

エルフ先生間近で見たら超カワイイ!

ねぇねぇ、いまどんなパンツ履いてんの??

f:id:rabbithutch11:20170516142720p:image

これにはさすがのエルフもこの表情(笑) 

そしてさらにこの表情?でグヘグヘ言いながら...。

ブラってもうつけてるのかなぁ~?

f:id:rabbithutch11:20170516142650p:image

エロ親父モード全開!!笑

 

だって、パンツ見たかったんだもん 

2人はゲームで対決することになり、マサムネはそのタイミングで買い出しへ。

買い出しから戻ったマサムネの目に映ったのは...。

f:id:rabbithutch11:20170516142733p:image

パンツ見せたらイラスト描いてくれるっていうから』と言いながら、モニター越しにとんでもない行為をしているエルフ(笑)

高ぶったエロマンガ先生は、留まるところを知りません。

 

おまけ

めぐみん再登場

何気に人気の高いファッションビッチのめぐみん

今回はなんと、入浴中にマサムネに電話をかけてくるという大胆行動で誘惑にかかります。

f:id:rabbithutch11:20170516142744p:image

キャップ閉め忘れてますよー(笑)

 

まとめ

今回もサービスシーン満載の最高の回でしたね。

ちなみに、原作の挿絵ではもう一歩攻めた描写になっている部分がありますよ!

興味のある方は是非!笑

エロマンガ先生(2) 妹と世界で一番面白い小説【電子書籍】[ 伏見 つかさ ]

 

次回はどんな話になるのか楽しみですね!

 

【プライズ景品とは何か?】ということについての真面目な解説。

 f:id:rabbithutch11:20170506193121j:image

先日、全国的に有名な某ホビーショップを徘徊していると、店員外国人(アジアの大きなお国)のお客との面白い会話が耳に入ってきました。

その内容は以下のものです。

 

:「コレハ、ニセモノデスか??」

:「んー」

:「チガウノデスか??」

:「・・・」

:「ドコノクニノデスか??」

:「んー。made in chaina?」

 

ちなみにその商品、大手プライズメーカーが制作しているフィギュアのコピー品でした。

それにしても、ツッコミどころ満載のこの会話。
思わず噴き出しかけましたよ。笑

 

どこのって...。
あんたの国のだろ!! 

 

と、心の中で叫びつつその場を後にしましたが、よく考えたら日本人でもゲームセンターに頻繁に通う人でないと本物と偽物の区別って難しいかもなって思いました。

 

ですのでこの記事では、年間で少なくとも100個以上のプライズ品を長年集め続けている筆者が、「プライズ景品」について知っている限りを詳しく紹介していきたいと思います。

 

※基本的に事実のみを掲載していますが、一部私の解釈を含んだ表現をしている箇所があります。その点には十分ご注意ください。

 

 

プライズ品とは何か?

 

オークションサイトやフリマアプリでよく目にする「プライズ品」とは、ゲームセンターに設置してあるクレーンゲームなどの遊戯機に置かれている様々な景品のことをです。

主な景品

フィギュア / ぬいぐるみ
ストラップ / タオル / Tシャツ etc

プライズ品を製造しているメーカーは、これらを遊技機をプレイすることで得られる「景品」として製造しています。

また、この記事で紹介しているのは、版権元の許可を得て景品の製造を行っているメーカーですが、中には許可を得ずに景品を製造しているメーカーも存在します。

版権利用の許可を得ていないものは当然、非公式グッズです。

そして、不思議なことにその非公式の品を当たり前のように景品として設置しているゲームセンターも少なくはありません。

プライズ品」関連で注意しておきたいのが、「非売品」という言葉と「非公式」という言葉です。 

非売品の意味  

前述したように、販売することを前提としている企業へ卸すことを主とはしていないので、「プライズ品」は「非売品ということになっています。

しかし、実際にはホビーショップやネットショップなどのありとあらゆるところで普通に販売されていますよね。

ここが非常にややこしいのですが、ゲームセンターはプライズ品を遊技機の景品という方法以外で顧客へ提供することが法律で禁止されていますが、その他の業者がプライズ品を仕入れた際にどう扱うかは法律で定められているわけではありません。

つまり、プライズ品を製造しているメーカー自体が販売することを目的としている企業へ卸すことを望んでいなくても、中間卸業者などがそちら側に卸した場合などは販売されること自体が問題になることがないということになります。

もちろん、このことに関してはメーカーと中間業者などで色々と取り決めはあるんでしょうが、そこのところは消費者である私たちにとっては非常にグレーな部分です。勤めている人のみぞ知る領域でしょう。

また、オークションサイトやフリマアプリを利用して個人が遊技機で獲得してきた景品を販売していることに関しては、不用品を処分しているという範囲内であれば特に問題はないようです。

公式・非公式の見分け方

大まかな違いは前述したとおりです。

メーカーロゴ・作品のロゴが正しいものであればほぼ間違いなく公式のグッズなのですが、他にも判別方法はありますので、代表的なものをいくつか紹介しておきます。

JAMMAプライズのマーク

このマークです↓

f:id:rabbithutch11:20170506183053j:plain

物によって色が違ったりしますが、大手プライズメーカーの最近の製品には必ずこのマークが入っています。 

※中には非加盟のプライズメーカーも存在しますので、詳しくはこちらのサイトを参照ください。

www.jamma.or.jp

コピーライト表記の有無

何かしらの版権を利用している景品は必ず下記のようなコピーライト表記があります。

「©(作品のタイトルや原作者の名前)」

どこにも見当たらなければ非公式品を疑ってください。

 

他にも、「新品にも関わらずただの透明のケースや袋に入っているだけのもの」や「メーカーマーク・版権元のマークやタイトルがどこにも明記されていないもの」も非公式品の可能性大です。

 

この点に関しては、そのもの自体に価値を感じているのであれば公式でも非公式でもどちらでもいいと考える方もいるようですね。

私はそうは思いませんが。 

主な公式メーカー

ここで紹介しているのは、すべて版権元の許可を得て製品開発を行っているメーカーです。

 

バンプレスト

国内最大規模のプライズ品メーカー「バンプレスト」。
フィギュアを主軸に、毎月何十種類もの景品を世に送り出していますね。 

ワンピースドラゴンボールというビッグタイトルの景品は、バンプレストが独占しているということが大きな特徴として挙げられます。

主な取り扱いタイトル

www.bpnavi.jp

セガ

主に遊技機を製造している印象ですが、ここ数年は景品の制作にも力をいれているようです。

特に「萌えコンテンツ」に力を入れているのがヒシヒシと伝わってきます。 

主な取り扱いタイトル

segaplaza.jp

タイトー

ゲームセンターのイメージが強いですが、景品も製造しています。

タイトー」はアニメタイトルのほかにもゲーム関連の版権に力を入れている印象です。

主な取り扱いタイトル

www.taito.co.jp

フリュー

上記3メーカーと比較するとややコアなタイトルを中心に取り扱っている印象です。

「フリュー」からはアニメ版権以外にも、歌手のグッズなども制作されています。

主な取り扱いタイトル

charahiroba.com

その他

全国ほとんどのゲームセンターでは、景品の8割~9割は上記4メーカーのものです。

しかし、プライズ品を手掛けているメーカーはまだまだ存在しますので、私の知っている限りのメーカーを名前だけ紹介しておきます。

ナムコ

ブレイク

ファンズクラブ

エスケイジャパン

エイコー

ピーナッツクラブ

アミューズ

 

※紹介しているのはあくまで私の知っているメーカーのみなので、探せばまだ存在するかもしれません。