ちかっぱアニメLife

ちかっぱアニメライフ

『ちかっぱ』は、『とっても』って意味の方言です。

【エロマンガ先生】4話 和泉紗霧のカワイイシーンを振り返る。


f:id:rabbithutch11:20170430183218p:image

※基本的にネタバレ前提の記事なのでご注意を!

 

ではでは、早速。

 

前回記事はこちら↓↓

tikappa-anime-life.hatenablog.jp

 

 

 

4話のあらすじ

 

4話のサブタイトルは、『エロマンガ先生』です。第1話や最終回で番組名がサブタイトルということはよくありますが、途中で挟んでくるのは珍しいですね~!

ではでは、まずは簡単に要点から振り返っていきます!

  1. お隣さんと仲良くやってるマサムネに紗霧はオコ。
  2. 紗霧はみたことあるものしか描かない
  3. 小説対決スタート(マサムネの勝ち)
  4. 300ページのラブレターを読まされる紗霧
  5. 紗霧には好きな人が...。
  6. 2人共通の夢が決まる

サブタイトル的に凄いのがくるかと思いきや、けっこう真面目な話でしたね! 

 

 

今回は紗霧メインの回

 

紗霧の嫉妬にはじまり、2人で夢を共有するところまでといったまさに『紗霧回』でした。

 

嫉妬全開の紗霧

 

マサムネがお隣さんと仲良くやっていることに前回から嫉妬してますが、今回は序盤から全開です!

f:id:rabbithutch11:20170430182118p:image

この行為、普通ならめっちゃ怖いんですが、紗霧だと許せちゃうのが不思議ですよね。

そんなところに、エルフ特製の手料理『春妖精の全裸スープも?笑』を持って帰ってきたマサムネ。

f:id:rabbithutch11:20170430182159p:image

部屋に入れるなりイキナリ言われちゃいます。
うそつき』と。

紗霧は自分が怒ってる理由を絵で説明。

f:id:rabbithutch11:20170430182238p:image

f:id:rabbithutch11:20170430182254p:image

f:id:rabbithutch11:20170430182300p:image

 目の前にいるから口で言えばいいのに、こういうとこがカワイイですよね!笑

 

 

見たことあるものしか描きません!

 

次はサービスシーン!笑
きっかけになったのは、マサムネが紗霧の絵を見てのこの発言!

お前ってなんで貧乳の子しか描かないの?

f:id:rabbithutch11:20170430182357p:image

生で見たことないものは描きたくない!

みなさんご存知の通り、紗霧は重度の引きこもりなので生で女性をみることはできません。

と言うことは...。

f:id:rabbithutch11:20170430182447p:image

あんなことや。

f:id:rabbithutch11:20170430182525p:image

こんなことを自分で...。

f:id:rabbithutch11:20170430182549p:image

マサムネの妄想タイムでした(笑)

 

ちなみにエロマンガ先生は、『ヒロインの胸大きくしてください』って要望出しても無視するそうです(笑)

 

そりゃ自分のしか見たことないんだから描けないもんね。
しょうがない。笑

 

 

妹を題材にしたライトノベルを書く!

 

世界で一番大好きなものを書いて、究極のラノベを作ってやるぜ!

大好きなもの(紗霧)を小説にすると言い出したマサムネ。
エロマンガ先生を賭けた小説対決の題材は『妹』でいくということです!笑

f:id:rabbithutch11:20170430183930p:image

そうして出来上がった300ページにもおよぶラブレター(笑)

 

それを見たエルフ。

f:id:rabbithutch11:20170430182649p:image

そりゃそうなりますよね。笑
人のラブレターほど読んで胸くそ悪いものはないでしょう!

 

 

お互いの誤解

 

肝心の勝負に関してはあっさり負けを認めたエルフ。
いち早く紗霧に伝える(読ませる)ため、クリスタルパレスのベランダから紗霧の部屋のベランダへジャーンプ!

f:id:rabbithutch11:20170430183952p:image

f:id:rabbithutch11:20170430182712p:image

当然こうなります。笑
わかってましたよ。お決まりですもんね!

 

ここからは真面目でした。
お互いがお互いの考えていることを誤解していたことが発覚。

 

紗霧は隣に住むエルフのことをイラストレーターと勘違いしていて、仲良くやってる兄を見て、自分が捨てられるんじゃないかと誤解していたようです。

それで、新作でも和泉先生に自分を使って欲しくて指摘された苦手な描写(巨乳など)を克服するために半月ほど引きこもって頑張ってたらしい。

f:id:rabbithutch11:20170430182752p:image

こんな顔で捨てないでってお願いされちゃいます。

 

一方マサムネは、エルフとの勝負のことを事前に話すと、俺より売れっ子作家であるエルフと仕事したいって言われると思っていたからお隣さんのことは黙っていたらしい。

これには紗霧も『ありえない』と反論。

f:id:rabbithutch11:20170430182914p:image

そして倒してきたことを告げます。
これには紗霧もビックリ!

 

 

読ませて!

 

そして...。

f:id:rabbithutch11:20170430182934p:image

当然こうなります。
逃げようとするが...。

ダメ。ここにいて!

f:id:rabbithutch11:20170430183028p:image

マサムネにとっては地獄です!笑
ラブレターを目の前で読まれてるんですから!笑

 

ちなみに紗霧の感想はこうでした。

f:id:rabbithutch11:20170430182955p:image

このまま本にするのはダメ。

他の人には絶対読ませられない。

恥ずかしい。

 

そして最後に、紗霧から...。

兄さん、私好きな人がいるの。

どう考えても告白の返事なのに、それに気付かないのところがラノベ主人公ですね~。

思い切ってストレートに言わない紗霧もいけないですけどね!

 

そして、マサムネは夢について熱く語りだします。

この小説でお金を稼ぐ。

アニメ化させる。

紗霧と2人でアニメを見る。

f:id:rabbithutch11:20170430183102p:image

その夢を聞いた紗霧は賛同、2人の目標にしようと誓ったのでした!

 

そしてなんと!

f:id:rabbithutch11:20170430183123p:image

紗霧が自らの足で部屋の外に。
徐々に紗霧の引きこもりが軽症になっていっているところも素晴らしいですね!

 

 

まとめ

いかがでしたか?
筆者的には、今回はお得意の下からアングルがなかったのは多少残念でしたが、これまでよりストーリーがあって楽しめる内容でした(笑)

そして、3話の時点でエルフはエロマンガ先生の正体に気付いてないようでしたが、普通にバレてましたね。

f:id:rabbithutch11:20170430183148p:image

ちなみに筆者は原作をまだ途中までしか読んでないんですが、マサムネが『俺妹』を書いてるなんていう結末はないですよね...?笑

 

エロマンガ先生に関する記事!